0

プレゼントに最適!インテリアとしても使えるアロマキャンドル

プレゼントに最適!インテリアとしても使えるアロマキャンドル

プレゼントにキャンドルを検討したことはありますか?

そもそもキャンドルが好きなのか、どんな香りが好きなのか、色々迷うことってありますよね。

過去にギフトとして気をつける部分をまとめた記事があるので是非ご参考にしてください。

キャンドルをギフトに贈るときに気をつけたいことはこちら

キャンドルをプレゼントとして贈ることに決めたあなた。

キャンドルの使用時の機能性だけでなく、家の中のインテリアとしても相性バッチリ。

プレゼントとしてじゃなく、自分用としても是非使ってほしい。今回はそんなキャンドルのインテリア性に迫ってみます。

キャンドルってどんなところに置くのがいいの?

せっかくなら使っていない時間でも美しく保管したいですよね。一体どんなところにキャンドルを置くのが良さそうでしょう?

【食卓に置くことでムード作りにも貢献】

家でゆっくりとお酒を嗜む時に机の上に置くと雰囲気が出ます。

少し明かりを落として、火のゆらぎを見つめながら飲むお酒はいつもよりも高級感アップ間違いなし。

特別なタイミングで是非お試しください。

さらに、F.YIULAGIのキャンドルは明かりが外に出ないように設計しているので暗めの部屋でご使用いただくと

より雰囲気が出ます。

【作業スペースに置くことでおしゃれ度アップ】

作業スペース、殺伐としていませんか。

もちろん仕事の最適化を計り、整理は必要ですが、ちょっとした遊びがあるからこそ面白いアイデアも出るというもの。

F.YULAGIのキャンドルはシンプル目で高さも抑えめですので整頓された作業スペースに置いても主張しすぎず、ちょうどいい変化をもたらします。

もちろん、休憩時間などに点灯するのもOK

家の中で火の揺らぎを見ることでリラックス効果もきっとアップするはず。

【棚の一角にまとめると丁寧な雰囲気に】

小物をまとめて置いているエリアにもフィット。少し蓋を開けて置いてあげることでいつもと違う雰囲気をお楽しみいただけます。

今回紹介した以外にもきっといい使い方があるはず。是非みなさんもチャレンジしてみてください。

暮らしの必須アイテムから徐々にインテリアとしての役割へ

家のいたるところでインテリアとして機能したり、火をつけるとリラクゼーションを楽しむことができるキャンドルですが、昔は暮らしの必須アイテムとして

人々の手に渡っていました。

キャンドルの歴史についてはこちらの記事で述べています。

それは、電気が開発されるよりももっと前、ただ作り方は今とそこまで大きく変わらなかったようです。

その後、電気が開発されキャンドルは完全に世間から忘れ去られました。

しかし、生活の細部までこだわる方々はキャンドルに違う価値を見出したのです。それが「インテリアとしての価値」でした。

一度役割を失いながらも、再び我々の生活の中に溶け込むキャンドル。

今回はそんなキャンドルの奥深さと面白さをお伝えできたら幸いです。