0

ビジネスに活かせるアイテム、キャンドルで仕事が捗る”戦略的休息”

ビジネスに活かせるアイテム、キャンドルで仕事が捗る”戦略的休息”

キャンドル市場はオーガニックな趣向のある方、スローライフを楽しむ方々がユーザの大きな割合を占めています。
柔らかい雰囲気や、アロマの香り。魅力的な印象を持っていただいているのは喜ばしいことです。

しかし、キャンドルを楽しむのにライフスタイルなんて関係ない。

一般的には真逆のイメージである「忙しなく働くビジネスマン」にも必ず素晴らしい効果を与えることが出来ます。今回はそんなキャンドルの想いを綴っていきます。

仕事や勉強を捗らせるアイテムとしてのキャンドル

日々忙しなく働くビジネスマン。

1日のスケジュールを完了させることに追われていませんでしょうか。

より創造的な仕事が求められる昨今では、頭が回らないほど忙しい日々の中で良質なアイデアを出すのは至難の技です。

また、隙間の時間もないでしょう。

我々はそんな少ない隙間時間の効果を最大限に活かす為にキャンドルによるリラクゼーションをオススメしたいのです。

日中のキャッシュを削除してくれる、内省の時間

日中のハードな仕事を癒すための貴重な夜の時間。

そんな時にキャンドルを是非お試しください。

できれば部屋の明かりを落として、ゆっくりと火を見つめてください。

視界が制限されることで余計な情報が入らないだけではなく、火の揺らぎによるヒーリング効果を感じていただけるはずです。

頭の中のごちゃごちゃを整理することできっと創造的なアイデアを出すことが出来ます。

一人で楽しむのもよし、パートナーと楽しむのもよし。

火を囲む人数が変わるだけで楽しみ方がガラッと変わります。

会議に使ってみてもいいのかも?

明かりを落として数人でキャンドルの火を囲ってみてください。

いつもより、明らかに会話のハードルが下がります。

​​名前の通りですが、「暗闇効果」呼ぶようです。

全く視界がない状態ではなく、少しだけあることでより焦点を絞った本質的な会話ができるのです。

暗闇が持つ不安感、秘匿性のおかげで心理的距離が近づくと言われています。

「見えない」からこそ秘匿性が生まれ、その秘匿性が影響を及ぼすというのはsnsの世界にも少し通ずる部分があるかもしれませんね。

日中の会議でアイデアがでない場合は少し時間をずらしてキャンドル会議を行ってみてもいいかもしれません。きっといいアイデアが浮かびます。

上記ビジネスマンシーンでも活きてくるキャンドルのご使用方法でした。

百聞は一見にしかず。これを機にお試しいただいて日々のストレスを軽減する助けになればなと思います。